好きな街に住み替えができる!

賃貸住まいは身軽で気軽に引っ越しできる

賃貸住宅の最大のメリットは、引っ越したくなったらいつでも引っ越しできるというところでしょう。家やマンションを一度購入してしまうと、おいそれとは移動することができません。引っ越すためには今保有している家を売る必要がありますが、希望する価格で売却するのが難しい場合もあり、そうなると次の家を手に入れるための費用を賄うのも困難です。

その点、賃貸住宅の場合は退去する際には敷金が戻ってくるケースが多く、また新たな賃貸住宅を借りる際にも購入する場合に比べて必要とする予算は少ないです。そのため、引っ越したいと思ったら比較的気軽に引っ越すことができます。住んでみたい街がいくつもある、という人の場合は、賃貸住宅を選んだほうが良いでしょう。

違う街で暮らせば新たな生き方が見えてくる

一つの街に長く住むのも悪くはありませんが、いろんな街で暮らしてみるのも楽しいものです。交通至便な都心や近未来的なオフィス街、反対に緑豊かな郊外や昔から続く商店街のある歴史ある街など、街にはそれぞれ個性があり魅力があります。住む場所を変えれば気分も一新し、新たなことに挑戦しようという意欲も湧いてくるかもしれません。

仕事を選ぶ際にも、自由に動けるのであれば選択肢が広がります。自己所有の家に住んでいる場合は今の家から通えるところに限られますが、そうした制約がなく自由に選んだ勤務先に合わせて引っ越す、ということも賃貸ならば可能なのです。いくつか気に入った街に住んでみて、最終的に最も自分にぴったりした街に定住するというのも良いでしょう。