高齢になると借りたい住まいがあっても審査が通らないことも…

孤独死への不安から入居を拒否するケースが少なくない

賃貸住宅に入居するための年齢制限は基本的に存在しません。成人で家賃を支払うことができるだけの収入があれば誰でも入居できるとされていますが、実際は高齢者ほど賃貸住宅への入居は難しいとされています。家主が高齢者の入居を嫌がる理由は様々ですが、中でも多いのが孤独死に対する不安です。高齢者は加齢による体力の低下で様々な病気を患っていることが多く、急激に体調が悪化するリスクも若い人より大きいとされています。昨日まで元気だったのに急に体の具合が悪くなり、そのまま室内で死亡するケースは珍しくありません。入居者が死亡すると事故物件扱いになり、資産価値が大きく減少してしまいます。また、人が死んだ部屋という理由で入居者が決まりにくくなる問題もあります。

高齢者は家賃滞納のリスクが高い

高齢者が入居を拒否される理由として家賃滞納のリスクが挙げられます。年金だけでは生活費の支払いで手一杯であり、家賃の支払いまでお金を回すことができないという高齢者は決して稀ではありません。そのような高齢者は即座に家賃滞納の状態に陥ってしまうため、家主にとっては迷惑な存在になります。高齢であることを理由に立ち退きを強制できないこともあるため、トラブルを避けるためにも最初から高齢者の入居を拒否する結果に至ってしまうのです。入居する本人に代わって家賃を請求できる親族がいるなど、家主が懸念する問題をクリアすることが賃貸住宅で暮らすための条件と言えますが、親族との同居を選択できない点を不安視して入居を拒否する家主も少なくありません。