住宅ローンに縛られることなく暮らせる!

賃貸生活は住宅ローンが不要

賃貸住宅で生活をすると住宅ローンを組む必要がないのはメリットでしょう。住宅ローンは数千万円という単位でお金を借りることになるのが一般的で、何十年もかけて返済しなければなりません。その間は毎月の支払いがあるので、別のローンを組むのも難しくなります。毎月支払いがあるのは賃貸生活でも同じではないかと思うかもしれませんが、賃貸をしているのと違って住宅ローンは全額が負債になるのが特徴です。もしローンを返済できないようなことがあったら住宅を取り上げられてしまうことになりかねません。せっかく作り上げたマイホームが失われてしまうと愕然としてしまうでしょう。そのようなリスクがないのが賃貸生活をする大きなメリットです。

信用情報の問題が起こりにくい

少し触れたように住宅ローンを組んでいると返済しなければならない負債を抱えている状態になります。毎月どのくらいの返済が求められているかによって状況は変わりますが、マイカーローンや学資ローン、カードローンなどの審査が通りにくくなってしまいます。また、他の借り入れもある状況になるとクレジットカードの新規発行や、スマートフォンの分割購入なども難しくなりがちです。借りているだけなら個人信用情報に問題が生じるわけではないものの、一度でも支払いを滞納してしまうと信用情報に記録が残ってますます信用が関わる取引が困難になってしまいます。このような束縛を受けながら生活しなくて良いのも賃貸住宅での生活を選ぶメリットです。