リフォームができない…キズや破損に神経を使うことも…

原状回復工事が必要になる

住宅を選ぶ際、購入か賃貸かで悩む人も多いです。購入すれば自由に内装などが決められますが、賃貸の場合には設置されている設備を勝手に変更すると原状回復工事が必要になるので注意が必要でしょう。和式トイレを洋式トイレに変更したりエアコンを設置するための工事をしたときは、退去の時に元に戻す工事をしなければいけません。洋式トイレへの変更やエアコンを設置したいのであれば、勝手に工事をするのではなく事前に大家さんに相談をするとよいでしょう。トイレの変更やエアコンの設置は住環境を良くする工事になるときもあり、大家さんにとっても得になる場合があります。勝手に行うと元に戻すための工事費用がかかるため大変ですが、事前に了解を得ている工事ならその部分の原状回復が不用になったり設備の買取をしてもらえるときもあるようです。

原状回復の基本事項を理解して利用

賃貸物件を利用するデメリットとして退去時に原状回復をしないといけない点が挙げられます。素人の考えだと借りたときの状態に完全に戻さないといけないと思ってしまい、畳にへこみを作ってはいけない、壁に画びょうの跡を残してはいけないなどかなり気を遣ってしまいます。原状回復に関しては契約ごとに違いがあるものの国による基本的な指針もあるので、そちらを理解しておくともっと楽に利用できるでしょう。まず原状回復は入居時の状態に完全に戻すわけではなく、経年劣化や使用による劣化を戻す必要はありません。ですから畳についた家具の跡や画びょう程度の穴は、原状回復の必要はないとされています。不注意や故意で物件の価値を下げたときには、その部分の原状回復費用が必要になるでしょう。